真面目に勉強しているようでしていない「逃げ」の心情(2) | 福岡市東区 香椎の小・中学生の学習塾 ファーストステップ

メニュー

塾長ブログ・お知らせ

真面目に勉強しているようでしていない「逃げ」の心情(2)

まず一つ目は「親の目もごまかせる」ところです。塾も行ってる(行きたくないとも言わない)、提出物は出してるし、宿題もやってる。つまり「自分はやっているアピール」ができているのです。そしてそれを言い訳にして自分を甘やかすこともできる、、、。当然「塾に行く意味」など理解していない。

親にしても、不十分とはいえ

一見やることはやっているようにも思えるからあんまりきつく突っ込めない。子供はそれも計算済み、、、。

二つ目は、「核心」に触れられたくないという気持ちです。「核心」とは、一言では表現し難いのですが「勉強はしなければ。勉強ときちんと向き合わなければ。」という極めて真っ当な考えを持っているのに自ら蓋をする、理解はしているが敢えて現実を見ない、といった心情です。

 核心に触れられたくない、いや勉強に対して「やらなければ、やってみよう」という気持ちを持つ(覚悟)が嫌なのか、面倒なのか、勇気がないのか、いずれにしても同じ「逃げ」の心情です。

自分の苦手な科目や単元が「放置状態」で克服できないのは「逃げの心情」を捨て切れずにいるからです。